狂喜の祭典、アートアクアリウム開催中

雑記帳

また金魚の虐待展示会・アートアクアリウムが今日から開催される模様だ。

 

 日本の夏を涼しげに彩る風物詩の金魚を、光と音で演出して見せるアートアクアリウム展が、堂島リバーフォーラム(大阪市福島区福島1丁目)で6日から始まる。内覧会が5日開かれ、約8千匹を集めた幻想的な世界が公開された。

三角柱の水槽を組み合わせた高さ2・4メートルの「インフィニトリアム」は、合わせ鏡のように金魚が増えて見えるふしぎな作品。2階にも観覧エリアがあり、展示を見下ろして楽しめる。

9月5日まで。入場券は一般千円、小学生以下600円、3歳以下無料。(松本紗知)

引用元:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ754T7HJ75PTFC00L.html?ref=yahoo

 

モフチョは何度かこのアートアクアリウムについての記事を書いてきたが、相も変わらずアートアクアリウムは定期的に行われている。

ちなみに今回開催するのはこちら。

アートアクアリウム誕生10周年記念祭

出典: artaquarium.jp

 

もう10年経つというのたから驚きだ。

で、冒頭の記事に動画があったのだが、展示されているのはどうも金魚だけではないらしく、パロットファイヤーと錦鯉の姿も見られた。どちらも金魚よりずっと丈夫な魚なのがなんともいやらしく感じる。

……毎回同じことを言っているかもしれないが、もう一度言わせてもらいたい。

こんなのはアートでもなんでもない。単なる見世物小屋だ。

正直、これを綺麗と思う感性に疑問を抱かずにはいられない。しかも約3か月にも渡り展示するというのだから、もう何も言葉は出ない。

そもそも、本物のアートとはこういうものを指し示すのである。

 

出典:goldfishing.info

 

金魚を樹脂で作成する、深堀隆介氏の金魚アートがそれだ。

 

 

氏の作る作品はあまりにも精巧なため、某団体から「生きた金魚を樹脂で固めるなんて虐待だ!!」なんてクレームを受けたとかなんとか。それぐらい見事で心奪われる作品だ。

まさに月とスッポン、雲泥の差。どちらがアートであるかは一目瞭然だろう。

薄っぺらでまるで中身のないアートアクアリウム。この狂気のイベントを支えているのは、金魚達の尊くも儚い「命」であることを肝に銘じておかなければならない。

雑記帳

Posted by ドン・モフチョ