オーロラ、その後

金魚・フナ

先月迎え入れたオーロラだが、程よく馴染んでいる。

 

 

投入直後はやや戸惑いを見せていたが、翌日には他の金魚達と一緒になって餌を食べていた。

また、少しだけ心配していた泳力も、少なくともここの魚達と一緒にいる分には問題無し。決して泳ぎが達者な金魚ではないが、活発に泳ぐシーンを頻繁に見かけるので、混泳にはそれほど気を遣わないレベルにあると思う。

 

意外なほど活発に泳ぐ

 

ところでモフチョ家の金魚は名前をつけるのが恒例となっていて、最高齢の餌金は『カミキン』、朱文金には『カメキチ』『テカ』、色飛びした和金は『モギー』、たさばには『タマ』『サバ』、玉錦には『キン』『ニタマ(今月死亡)』と、その時のインスピレーションのみで名付けるようにしている(汗)

で、このオーロラにも名前を付ける事にした。

 

 

上の赤みが強い方は『ゴマ』、そして

 

 

こちらは『シオ』とそれぞれ命名した。由来は「ごま塩」から。これも特に深い意味は無い(汗)

これでオーロラも晴れて金魚水槽の一員となったわけだが、初めて飼う金魚だけに、これからどんな金魚に成長していくのかとても楽しみだ。

金魚・フナ

Posted by ドン・モフチョ