さすがにヨレヨレ

金魚・フナ

アロワナの餌として迎え入れた和金。もうあちらこちらが弱っている。

 

 

以前の記事はこちら

あれから3年が経過したわけだが、内蔵の各器官が弱っているせいか、バランスがほとんどとれなくなってしまった。

それでも食欲だけは旺盛。餌やりの時は他の金魚に混じって積極的に餌を食べている。

 

 

なんというか、こう横になるのは、無駄な体力を極力消費しないようにする為なのかもしれない。

アロワナの餌金として生き残った最後の1匹『カミキン』。いい加減歳も歳なので、何もしないでこのまま様子を見守るつもり。モフチョのエゴだが、残る余生、しっかりと生きてもらいたいと考えている。

金魚・フナ

Posted by ドン・モフチョ