オーロラ、死す

金魚・フナ

嫌な知らせは不思議とよく続くもので、先日、外飼い金魚のオーロラが死んでしまった。

 

 

特にこれといった異常は見られず、単に寿命のような気がしている。

 

在りし日のオーロラ

 

このオーロラを迎え入れたのは2012年のことなので、それを考えるとやや短命のような気がする。

ところでこのオーロラは、江戸地金と朱文金を交配した種類の金魚。朱文金は何度か飼育したことがあるが、どれも5〜6年で死んでしまったので、やはり寿命なのかもしれない。

外飼いにしてからとても赤みが強く発色した見ごたえある金魚だっただけに残念といえば残念だが、こればかりは仕方がないと思う。

オーロラ、あの世でもお元気で。

金魚・フナ

Posted by ドン・モフチョ