黒目が消えた金魚

金魚・フナ

金魚・フナ水槽にいる赤の和金の目は、両目とも黒目が無い。

 

 

店頭で購入したこの金魚は、いわゆる「撥ねもの」と言われる金魚。「MIX金魚」と銘打たれた区画から選んだ一匹だ。

異変に気付いたのは飼い始めてから3年ぐらい過ぎた頃だろうか。少しずつ目の黒い部分が透き通っていき、やがて完全に透明になってしまった。恐らく今は何も見えていないはずだ。

そう言えば、この和金と一緒に同じ区画から白い金魚を買ったのだが、これは飼育2年目を迎えた時に突然ぽっくりと死んでしまった。病気の兆候もまるで感じられず、前日まで元気に泳いでいたのだから、これは「そういうもの」と割り切るしか無かった。

誤解を招く言い方になるかも知れないが、特に金魚のような改良品種の魚は、その作出(ブリード)の弊害からか奇形であったり病気がちであったり、そして極端に短命な個体が比較的多い。ましてや撥ねものなら尚更だろう。故に「そういうもの」なのだ、と。

この和金は迎え入れて6年目になるが、ここ数ヶ月で極端に老いてしまった。先に老いの兆候が見られたカミキンよりも、そのスピードは早いように感じる。どちらが先に死ぬかと考えた場合、和金の方が先に死ぬんじゃないかなと思うぐらいに。

かといってどこかに目立った異変があるわけではなく、他の魚達と同様のんびりと過ごしている。どことなく泳ぎ方がとろいけど、餌の時は一生懸命パクつく姿を見せてくれる。

もっと長生きしてくれというのは飼育者のエゴだろうが、これからも元気に、そして天寿を全うしてほしいとモフチョは願っている。

金魚・フナ

Posted by ドン・モフチョ