朱文金の様子

金魚・フナ

誰かに齧られ、尾びれがボロボロになってしまった朱文金は順調に回復している。

 

 

朱文金は飼育水と底砂をまるまる本水槽から移したプラケースにて隔離させている。

薬は使わずに0.5%の塩水浴で様子を見ていたが、ようやく尾びれの部分に再生の兆しが見え始めた。まだ幼魚なのでそれなりには再生するかもしれないが、朱文金のあの長い尾びれが完全に戻るかは微妙だろう。

後は問題はどのタイミングで本水槽に移すかだが、尾びれが再生するのを待つよりは、長くなる前に移した方が同じような被害に遭いにくいだろうし、感染症の心配が無くなったのだから早めに移す方が得策だと考えている。

本水槽に仕切りを付ける事も検討したが、いずれ混泳させるのだからとりあえずそのまま移す予定。そこでもし同じような目に遭うのだったら、また隔離すればいい。

ちなみにこの朱文金、隔離中に随分と懐いてくれたようで、餌を上げようとすると水面に来て口をパクパクとさせる。このままここで飼っても良いんじゃないかと思うぐらい馴染んでいるようだ(笑)

金魚・フナ

Posted by ドン・モフチョ