たまさば、襲来

金魚・フナ

今日はモフチョの妹宅の水槽引越しの手伝い。

 

引越しに大活躍の「Daiwa活かしバッカン」

 

引越しと言っても新居までの移動距離は数キロ程度なので、これは何のトラブルも無く無事に終了した。甥っ子が適当に選んだという青コリの1尾がハイフィンになっていたのに驚く。

実はこの引越しの際、新たに60cm水槽を立ち上げる予定だったのが、残念な事に11日の地震の際、落下物により破損してしまった。計画停電のこともあるし、片付けが落ち着いてから立ち上げる予定にした。

それよりも驚いたのは妹の住む建物(マンション)の破損だった。

地震当日、外壁のタイルが崩れ落ち、外壁にヒビが数カ所とか。この地震以降、ちょっとした揺れでも大きくきしむ音がするらしく、次にちょっとでかいのがきたらなんだかヤバそうな雰囲気がするとのこと。

モフチョもこの目で確かめたが、確かにヒビがあちこちに・・・。タイミング良く引っ越す事が出来たのは不幸中の幸いだろうが、こういった建物は補修とかはどうするのたろうか?

それはそれとして、ついでに実家に顔を出し、劣悪環境で生きる金魚2匹を引き取って来た。
引き取ったのはたまさばという金魚。

モフチョの幼なじみの鯉マニアが、新潟の山古志からモフチョの叔父の所へ土産代わりに持って来た金魚なのだが、これがどういうわけか水槽内で爆殖してしまい(現在進行形・汗)、二進も三進もいかなくなった所を、モフチョの実家の方で何匹か引き取ったそうな。

ただ、実家の人間は飼育に関しては全くもってのド素人なので、それはもう・・・(以下自粛)。引越し道具もある事だし、それに見兼ねて引き取った次第である(苦笑)

 

トリートメント(塩浴)中のたまさば

 

このたまさばは、流金の体型にフナ尾が特徴の金魚。鯉と混泳可能な金魚を〜ということで作出されたもので、こん体型ながら泳ぎは実に達者なのである。

また、その土地柄のせいか寒さにも非常に強い金魚で、叔父の所での繁殖力、そして実家での飼育環境等を含めて考えると、これは相当に屈強な金魚なのではないかと考えているが・・・さて、どうなることやら!?

今の所、金魚・フナ水槽に迎え入れる事が確定しているが、今後の展開によっては鯉との混泳もあり得るかもしれない。


オマケ・スーパームーン・・・地球に大接近する月の事。

 

 

NASAによると、最も遠くにある時よりも約14%大きく見え、明るさでは30%upだとか。

金魚・フナ

Posted by ドン・モフチョ