アルビノ(?)錦鯉の正面

錦鯉

アルビノ錦鯉を正面から撮影してみた。

 

 

なんだか間抜けな感じがして可愛い。

すっとぼけた感じがするというか、眠そうなツラをしてるというか、少なくともこの画像からは「淡水の王者」という雰囲気は微塵も伝わってこない(笑)

ところでこの山吹黄金は、ホームセンターで「アルビノ錦鯉」として売られていた錦鯉である。

確かに山吹黄金としては色が薄いし、かといってプラチナ黄金ほど白くはない。ちょうどそれらの中間といった色合いだ。

これでなんでアルビノとして売られていたのかというと、この錦鯉は赤目だったからだと思う。

 

 

画像ではその色が解りにくいが、確かに目は赤い。

それでいてこんな色合いなのだから、アルビノとして売られる経緯があったものと思われるが、事の真相は定かではない。

ただ、アルビノにしても赤目にしても錦鯉としては「ハネ物」として取り扱われるので、愛鯉家からすれば駄鯉になるんだろう、きっと(笑)

迎え入れ時の体長は15cmほどだったこのアルビノ錦鯉も、今や60cmほどにまで成長。この水槽一の大きさを誇るまでになった。なかなかの存在感である。

水槽飼育なのでこれ以上の成長は見込めないが、これからも末長く付合っていきたい。

錦鯉

Posted by ドン・モフチョ