やはりウールマットの力は偉大だった

錦鯉

物理ろ材に再びウールマットを使用するようになってから一週間。錦鯉水槽の飼育水に大きな変化が見られた。

 

 

ちなみに上の画像は水換え後ではなく水換え前のもの。

 

 

上の画像の先週と比べると雲泥の差である。

正直、ここまで飼育水がシャキンとするとは思っていなかった(汗)

ちなみにウールマットはニッソーのニュークリアーマットではなくこちらの製品に切り替えた。

 

 

こちらの方が高密度と謳っているだけあって、より細かいゴミをキャッチしてくれるから。

ニッソーのマットよりも価格は高くなるが、枚数が多い分表面積あたりの単価だとあまり変わりはないのでチョイスした。

ウールマット3種を比較してみる(もふっコリひょうたん島)

で、以前と同様、これを毎日交換し続けたのだが、ここまで効果があったのだから、これはもう濁りの原因はハッキリしたんじゃないかと思う。

 

いい感じに物理濾過が効いているようだ

これでホッと胸をなでおろし、水換えを続ける。

 

 

こうしてみると、今までの苦労はなんだったのかと自分を小一時間問い詰めたくなった(笑)

たかがウールマット、されどウールマット。下手にケチるもんじゃないと改めて痛感した。

錦鯉

Posted by ドン・モフチョ