鯉を選ぶ楽しみ

錦鯉

鯉の引っ越しに伴い、新たに二匹の鯉を迎え入れた。

 

 

鯉を求めに向かったのは某ホームセンター。

普通、ホームセンターのペットコーナーにいる生体はろくな管理をされていないものが多く、まず迎え入れる気は起きないのだが、ここのホームセンターは少々話が別。正直、下手な専門店よりも一枚上手。僅かながらにいる海水魚の状態も良いのだ。

ちなみに、

 

 

この3匹はここで購入した鯉。もちろんすこぶる順調に育っている。

本当は以前金魚を迎え入れた観賞魚センターまで行っても良かったのだが、時期的に長時間の移動はしたくなかったので先のホームセンターを選んだ。

ところで鯉の値段はまさにピンキリ。奥方とネット通販で色々調べて「これいいな!!」と思った鯉は値段が桁一つどころか二つも三つも違うのだ。やはり良い鯉というのはそれなりに結構な値段がするのである(汗

おまけに、良い鯉ばかりを見ていると知らぬうちに目が肥えてしまうのか、そういう鯉以外には目がいかなくなるのだからたちが悪い。どこかで歯止めをかけないとたちまち家計が火の車になってしまうだろう(苦笑

で、モフチョはいかに安く買うかをポリシーとしている。

幸い「変わりもの」とか「撥ねもの」の鯉の方に興味があるのでそれほど財布に負担にならない。

まあ単にお金が無いだけなのだが(笑)、やはり実際に見て買う方が愛着の涌き方も違うし、何よりも見ていて楽しい。鯉に限らず魚達と「睨めっこ」する時間と言うのは、足のしびれを忘れさせるぐらいに楽しいものなのだ。

話がやや脱線してしまったが、冒頭の左の鯉は菊水と呼ばれる鯉。右のは単なる変わり鯉になるが、強いて言うなら銀鱗空鯉と呼ぶのかもしれない。名前は左が「お菊」で右が「お銀」。鯉らしい純和風なネーミングにしたつもりだが、どんなもんだろうか…(汗

気になる値段はどちらも1匹800円。仮に通販で鯉を買おうとしたら、2匹合わせても梱包料、送料にも満たない額である。

これもまた鯉選びの魅力の一つだろう(笑)

錦鯉

Posted by ドン・モフチョ