水作ジャンボ(改)のメンテナンス

メンテナンス

外飼いタライのフィルターはちょっとだけ改造した水作ジャンボを使用しているが、冬支度の一環としてこいつのメンテナンスを行った。

 

 

……と、メンテナンスに入る前に、この水作ジャンボの改造点を挙げておこう。

この水作ジャンボのろ材は、付属のマットではなくフジノスパイラルを使用しているが、元々が純正マットの使用を前提に作られているので、それ以外のろ材を使うにはちょっとした工夫が必要になる。

何故かと言うと、エアストーンの部分にろ材が入り込んでしまい、飼育水が適切に循環できなくなるから。

そこでモフチョ家では、飼育水をうまく循環させる為に園芸ネットを下の画像のように取付けて使用している。

 

 

こうするとろ材がエアストーン部に入り込まなくなるので、飼育水が適切に循環する。

さて、改造点はこれぐらいにしておいて、メンテナンス作業の説明に取りかかる事にしよう。

まず、はじめに外側のケースを外す。

 

 

ちなみに、前回メンテナンスをしたのは夏前。半年程度でこのくらいの汚れが生じる。なんというか、相当汚い(汗)

で、ろ材を取り出して洗うのだが、フジノスパイラルのような樹脂製ろ材はサッと濯ぐ程度で汚れがほとんど落ちるので、メンテナンス性は抜群に良い。

 

 

おまけにほぼ永久的に使えるのだから、コスト面でも非常に優れている事を付け加えておく。

尚、フジノスパイラルは現在非常に入手し辛くなっているので、これは形状がまったく同じろ材、ミューロAiconで代替え可能だ。(今はこちらの方がずっと安いのでオススメ)

 

さて、ろ材を濯ぎ、奇麗にしたところでこれを本体に詰めていくのだが、この作業はちょっとだけ厄介。

 

 

そのまま入れるとポロポロと外に溢れてしまうので、ある程度(1/3ぐらい)詰め込んだら、ガワを被せて下の画像のように詰め込んでいく。

 

 

純正ろ材と異なりポン付けできないので、少々めんどくさい作業となる。

これが水作ジャンボ(改)の唯一の難点なのだが、比較的長期間メンテナンスが不要という事を考えれば、まあ我慢できる作業と言えるだろう。

そして、本体の底の部分にはリング状ろ材を敷き詰めていく。

 

 

他の水作シリーズは、この部分に予め大磯が敷き詰められているが、水作ジャンボにはこういったものは何も付属していないので別途必要になる。

もちろん「重し」となるものならなんだって良いのだが、モフチョの場合はパワーハウスのベーシック(ハードLサイズ)iconを使用している。こいつだと高さがピッタリと収まるので、何分具合が良いのだ。

 

これで一通りのメンテナンスは終了。後は再びタライに投入するだけ。

 

 

次回のメンテもまた半年後に行う予定だが、夏場と違って冬場の間は餌切りをするなど、給餌の量がガクンと減るので今回ほど汚れはしない(はず)。

またメンテの機会があれば、比較という意味で水作ジャンボのメンテについて記事にしてみようと思う。

 

メンテナンス

Posted by ドン・モフチョ