上部フィルターの仕様変更

メンテナンス

錦鯉水槽の上部フィルターを仕様変更した。

 

 

この手のフィルターは、通常はこんな使い方をする。

汚い絵で何とも恐縮だが、フィルター底部にスノコを敷いてその上にろ材を敷き詰めて使うのがデフォ。図のように飼育水を上から下へと循環させる構造となっている。市販されているフィルターでもこのような構造の物が多く見られると思う。

で、鯉水槽ではこれを以下の図のようにして使っていた。

まずシャワーパイプを取り外し、この図で言うと左から右へと水が流れるよう変更したのである。

これはろ材(フジノスパイラル)を購入したサイトの使用例を参考にしたのだが、こうすると飼育水がろ材を通過する時間がデフォルトでの使用時よりも長くなるので、より濾過能力のアップするのでは無いかと考えたからである。(ちなみにろ材を山形に設置したのも、購入したサイトを参考しての事である)

このように物理濾過用のウールマットを入れたバスケットをエルボのすぐ下に置き、さらにその下にネットに入れたフジノスパイラルを設置。この部分で物理濾過を行わせ、中間層に生物濾過用のフジノスパイラルを積み上げ、最終層にネット入りのカキガラを投入して使っていた。

このままでも何の問題も無く使用してきたのだが、これをさらに仕様変更することにした。

物理濾過も全てフジノスパイラルで賄うように変更し、各層をメンテをしやすいように仕切板を付けたのである。

 

 

周知の通り鯉は糞をとにかく沢山する魚なので、すぐにウールマットが目詰まりを起こしてしまう。

期間で言うと三日程で完全に能力が消失。その都度交換してやれば済む話なのだが、「もう少しメンテが楽になったら…」と物理濾過も全てフジノスパイラルで賄ってしまおうと考えた。

メンテの際はそれをネットごと取り出し、ザブザブと洗って元の位置へ戻すだけ。

後はどれだけ能力を発揮出来るかだが、今の所十分にその役割を果たしている様子。ちなみに物理濾過と生物濾過で使用しているフジノスパイラルの大きさだが、前者の方が後者よりもやや小さめなものになっている。

物理濾過能力の単純比較ならウールマットに軍配は上がるが、メンテ性はこちらの方が優位のように感じている。もちろん飼育環境やその使い方によってはこの限りでは無いが、少なくともこの水槽に関しては仕様変更が吉と出たようだ。

メンテナンス

Posted by ドン・モフチョ